文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年11月24日

11月22日 第184回放送

2007年のニューズウィーク日本版で「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた
指揮者の柳澤寿男さんがゲストです。バルカン半島の旧ユーゴスラビアを拠点に音楽の
力で平和を取り戻す活動をしている柳澤さんですが、音楽家になるつもりは皆無だった
という意外な裏話から偶然と不思議な縁で本人も予期せぬ注目の指揮者誕生物語です。

鎌田さんが40有余年にわたり地域医療に携わる諏訪地域で育ったという柳澤さんです
が、幼少期は病弱で、釣りと音楽を聴いて時を過ごしたとか。音楽といっても家にある
レコードは八代亜紀さんの演歌など。そんな中で何故か1枚ベートーベンの「第9」が
あり初めてクラシックの良さを体感したといいます。母親の"中学で吹奏楽したら?"
に釣り好き少年は"水槽学?"と思ったそうです。そのくらい音楽に疎かった柳澤さん
ですが、高校を経て音大ではトロンボーンを専攻。卒業後もプロの音楽家になるつもり
は無かったが、24歳の時にウィーンで鑑賞した小澤征爾さんの演奏会に感動して指揮
者になると決断。指揮の勉強をしてないので10人の指揮者に断られながら佐渡裕さん
に弟子入りを許されて師事。パリに追いかけ留学して現地の音楽院の指揮科で学んだ後
2004年、マケドニアの国立歌劇場で劇場指揮者となり、2007年にバルカン半島
の民族共栄を願って柳澤さんが「バルカン室内管弦楽団」を結成。アルバニア人、セル
ビア人、マケドニア人の楽団員が共奏する画期的な楽団が誕生。2009年5月にコソ
ヴォ北部のミトロビッツア市の「対立の橋」両側で、アルバニア系住民とセルビア系住
民の観衆を前に民族混成で共奏するコンサートを実現させ、バルカン半島の民族共栄を
願う歴史的なコンサートを成功させました。来年は同楽団の日本公演を開催予定です。

放送分を聴く
放送日:2015年11月22日

« 11月8日 第183回放送 | メインに戻る | 11月29日 第185回放送 »