文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年12月 7日

12月6日 第186回放送

本好きな鎌田さんと村上さんが心待ちにしていた作家の堂場瞬一さんが今回のゲスト。
警察小説、ミステリー、スポーツ小説と3つのジャンルを書く堂場さんを鎌田さん曰く
「新たなエンタテイメント!優しさがあふれている!怪人二十面相の様」と絶賛です。

1963年茨城県で生まれた堂場さんは、小学生の頃から図書館に入りびたりの本好き
少年でSFや海外ミステリーを中・高・大学と読み続けたのが書く上で役立っている。
高校時代はラグビー部主将で、9月のラグビーW杯で日本が南アフリカに奇跡的な勝利
を収めたことの実感がつかめずにいるという。青山学院大学国際政治経済学部を卒業し
読売新聞の記者になりますが、堂場瞬一というペンネームは大学でお世話になった先生
の名前から「堂場」を拝借して、一瞬をひっくり返して永遠に続くように「瞬一」に。
新聞社勤務のかたわら小説を書き続け2000年に『8年』で小説すばる新人賞を受賞
し翌年デビュー。37歳から12年間記者と作家の二足の草鞋を履く生活を続けて3年
前に退社。記者として書く文章は「色気を排した文」で、作家としては「いかに文章に
色気を添えるか」との違いがあるといいます。2001年のデビュー以来ハイペースで
作品を発表し、今年10月に単行本の100冊が突破することから出版社11社が合同
プロジェクト「堂場瞬一の100冊」を創設し90作目からカウントダウンしました。
自薦の3作品は『キング』(実業之日本社・2003年)ドーピングのスポーツ小説。
『解』(集英社・2012)ある殺人事件を巡る政治家と記者になった元同志の過去。
100冊目の『Killers』(講談社)街に潜む殺人者の50年系譜を描く長編。
堂場さんは「共感出来る小説はつまらない。不愉快だけど面白いと言われたい」とも。

放送分を聴く
放送日:2015年12月6日

« 11月29日 第185回放送 | メインに戻る | 12月13日 第187回放送 »