文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年12月14日

12月13日 第187回放送

サトウマキという名前から女性だと思っていた鎌田さんは、目の前に現れた髭面の男が
佐藤真紀と知って苦笑。そんな出会いから11年、今年も"哲学のあるチョコ"と呼ば
れる「チョコ募金」のシーズンになりました。ゲストは「チョコ募金」の発案者である
「日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)」事務局長の佐藤真紀さんです

イラク戦争終結後の2004年、鎌田さんが理事長の「日本チェルノブイリ連帯基金」
総会の会場に佐藤さんがイラク人医師と訪れました。相談は製薬会社から寄贈された薬
の使い方です。鎌田さんはチェルノブイリ原発事故後のベラルーシ共和国での白血病治
療に支援経験がある信州大学の小児科医小池健一先生の協力が得られることを確認して
全面的に「JIM-NET」の支援に乗り出して、代表もつとめることになりました。
佐藤真紀さん(54歳)は、早稲田大学理工学部卒業後「最高の品質で社会に貢献」が
社是の「ブリヂストン」に研究員として勤務。91年の湾岸戦争ぼっ発を機に、行動を
おこして青年海外協力隊でイエメンへ行きますが内戦勃発。97年ブリジストン退職し
「NGO日本国際ボランティアセンター」へ。その後シリア、パレスチナで支援活動。
2002年からイラクにかかわり戦争後の荒廃した土地で緊急救援を指揮しています。
今年のチョコ募金は「いのちの花パート2」イラクにまつわる花を4人の白血病の少女
シリア難民のローリン、イラク人のドゥア、ヤジディ教徒のナブラス、クルド人ナジラ
彼女達が「愛と感動の物語」を思いながら描いています。缶を見て体感してください。
■チョコ募金の申込みは1セット(4缶)2000円。JIM-NETのホームページ
電話03-3209-0051 または FAX 03-3209-0052 です。

放送分を聴く
放送日:2015年12月13日

« 12月6日 第186回放送 | メインに戻る | 12月20日 第188回放送 »