文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年2月15日

2月14日 第195回放送

きょうは「バレンタインデー」。愛を語る日とされていますが宇宙物理学者の佐治晴夫
さんは「愛とは、相手に寄り添うこと」といい、「愛を通して美しくなることもある」
とは鎌田さんの弁。今回は「慈愛に満ちた女性」「凛として美しい女性」の紹介です。

まずは、鎌田さん村上さんもほおばった慈愛に満ちた「おむすび」の話からスタート。
青森県の岩木山のふもとで救いを求め訪れる人たちの癒しの場「森のイスキア」を主宰
した佐藤初女(はつめ)さんが2月1日94歳で亡くなりました。「森のイスキア」は
迷い・疲れ・救いを求めて訪れる人に寄り添い、再生の契機となるように「おむすび」
を振舞ってきました。施設名のイスキアは、生きる意欲を失った青年が自然の中で自分
を取り戻したと伝えられるイタリア・イスキア島に因んで付けられました。訥々とした
津軽弁の初女さんの言葉を聞き、初女さんのおむすびを食べながら、自分を見つめると
なんだかわからないうちに、ちょっと元気になる。本気になって生きてみようと思う。
続いて鎌田さんが紹介した「凛として美しい女性」は、八ヶ岳山麓でレストランを経営
していた「末期がん患者のKさん」。幼い頃にみた家庭内暴力がトラウマになり1人で
生きることを選び、1人で死ぬことを選んだKさんが、最後に放った静かな輝きの話。
村上さんはタレントの壇蜜さんと対談した逸話を披露。「壇蜜さんの声には人を惹き付
ける周波数があると思う」といい芸名の壇蜜は仏教用語に由来していると明かします。
また、「生き方が凛として美しい女性」として兵庫県の丹波で会った元バレエダンサー
で現在は林業従事者になって8年目の中島彩さん35歳を取り上げ、トゥシューズから
地下足袋へ履き替えた中島さんの決断に至る経緯と住民参加の森林整備を紹介します。

放送分を聴く
放送日:2016年2月14日

« 2月7日 第194回放送 | メインに戻る | 2月21日 第196回放送 »