文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年2月29日

2月28日 第197回放送

「三つ子の魂百まで」という諺があります。幼い頃に培われた性格は人間形成に大きく
影響しますが、貧困・暴力・育児放棄などの理由から約3万人の子どもが児童養護移設
で生活しています。愛情に恵まれなかった子は、成長してからも相手や子どもに愛情を
向けることができず、誰かが断ち切らない限り「負のスパイラル」は繰り返されます。
今回は「頼れる人」との出会いから少女期の辛い体験を克服した女性をお迎えします。

都内の美容院で働くチヒロさんは23歳。物心がついたときから児童養護施設で暮して
いた彼女は「正月が一番嫌いだった!一緒に過ごす人がいなかったから」といいます。
「都立高校に入学したら一緒に暮らそう」という母親の言葉を信じ一時は同居しますが
母親の水商売が軌道に乗らず早々に追い出され、2度も捨てられた体験から人間不信に
陥ります。「私、生きていていいのかなぁ」と崖っぷちで自殺を考えていた15歳の時
アルバイト先の店長から『日本駆け込み寺』の玄秀盛さんの存在を聞きて救われます。
玄さんの勧めで別の施設に入所、通信教育で高校と美容師の勉強を続けて、国家試験に
合格後、美容院で働いています。人間不信で胸襟を開かない15歳の少女と52歳の玄
さんを繋いだのはEXILEのボーカルATSUSHIさんの歌声と「また、おいで」
の一言でした。「約束を守ったらATSUSHIに会わしたる!」という言葉を信じて
目の前の目標を次々に達成したチヒロさんは、希望が叶いプレゼントまで貰いました。
孤独な人、挫折・失敗した人の再スタート、再チャレンジを応援している玄秀盛さんは
歌舞伎町『新宿駆け込み餃子』に続き、出所者を支援する居酒屋『酒肴蔵 京丹後屋』
を開店しました。幼子から老いた出所者まで悩みを抱えた人へ支援を続ける頼れる人。

放送分を聴く
放送日:2016年2月28日

« 2月21日 第196回放送 | メインに戻る | 3月6日 第198回放送 »