文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年3月28日

3月27日 第201回放送

"酒なくて何で己が桜かな"は落語『長屋の花見』など酒の席で酔人が言う川柳です。
待ち望んだ桜の開花が各地で聞かれる日曜日ですが、「酒は百薬の長なり。されど万病
の元なり」浮かれて飲み過ぎると健康を害すると忠告したのは吉田兼好です。医師から
の禁酒勧告や大病等、顛末を自伝的小説にした芥川賞作家の高橋三千綱さんがゲスト。

『ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病』(幻冬舎)は、作家生活40年にして初の書き
下ろし自伝的小説。糖尿病からアルコール性肝炎。医師の禁酒勧告も"知らぬ存ぜぬ"
の作家は、80以下が正常値のγ-GTP検査の数値で4026と驚きの異常値を記録
それでも毎日4合5合と飲み続けた1年後、61歳にして「肝硬変」を宣告されます。
更に「食道がん」と「胃がん」になりますが、血糖値が高すぎて手術が出来ないという
問題も発生し次々に身体に襲いかかる難問。そんな闘病中、我が身に起きた奇跡も知り
重病を宣告され狼狽しながらも、「病気」をエネルギーに変えていく自伝的小説です。
飄々?泰然自若?大病と折り合いを付けながら生きる高橋さん。探ってみるとどうやら
小学生時代からその一風変わった片鱗は覗けます。子役として生活費を稼いだり伊豆の
大島に一人旅したり。中学、高校でも野宿しながら全国各地を旅する快男児(?)ぶり
根っからの自由人か思いきや「鎖が長くなっただけの飼い犬」といい「旅は孤独」と。
鎌田さんは、高橋さんの本を糖尿病、肝硬変、食道がん、胃がんの患者さんにこそ読ん
で貰いたいとして「生と死に頓着しないように思える生き方」がここにあるといいます
高橋さんは実生活でも遺言書と自作戒名を既に用意。スタジオに持参した「ぐい呑み」
は倉敷の古物店で買い求めた酒器で、最期に意識があれば「ぬる燗」を所望するとか。

放送分を聴く
放送日:2016年3月27日

« 3月20日 第200回放送 | メインに戻る | 4月3日 第202回放送 »