文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年4月 4日

4月3日 第202回放送

"歌は世につれ、世は歌につれ"といいますが、昭和の歌謡曲を聞くたびにその思いを
強くします。鎌田さんの十八番『石狩挽歌』をはじめ数々のヒット曲を放った作詞家で
直木賞作家のなかにし礼さんをゲストに迎えて、2度のがん闘病生活などを伺います。

なかにし礼さんの最初のがんは、2012年に見つかった「ステージⅢの食道がん」。
医師たちは一様に、抗がん剤・手術・放射線の「がん3大治療法」を唱えて手術による
切除を強く勧めたが、過去に心筋梗塞と心室細動を経験し不安を抱えるなかにしさんは
外科手術をためらい、切らずに治す方法はないのか?と必死で探して「陽子線治療」に
辿り着き、国立がん研究センター東病院で、その最新治療法をうけて食道がんを克服。
それから2年半が過ぎた去年の1月下旬に受けた検査で異常が見つり、精密検査の結果
今度は「食道横のリンパ節にがん」が見つかりました。今回も陽子線治療を希望したが
前回の食道がんの治療の際に何度も陽子線を当てた場所なので、更に当てると過剰照射
になり、他の器官を傷つける可能性があり今回は陽子線治療ができないと言われ落胆。
さらに、リンパ節のがんは気管を圧迫しているので一日も早く入院し、すぐに手術する
必要があると言われて胸腔鏡の手術、途中から開胸手術に切り替え4時間以上の大手術
となりました。それでもがんを切り取ることは出来ませんでした。ただし医師は手術中
にがん組織を圧迫する静脈を切ってくれたので圧力が減り穿破を防げたのではないか?
という話です。なかにし礼さんの新刊『闘う力~再発がん克つ~』(講談社)は闘病記
ではありますが、苦難にどう打ち克って、どう乗り越えるかのヒントも載っている1冊
で、書くことで病気の自分に病気じゃない精神的存在の自分が激励して奏功したとか。

放送分を聴く
放送日:2016年4月3日

« 3月27日 第201回放送 | メインに戻る | 4月10日 第203回放送 »