文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年4月11日

4月10日 第203回放送

鎌田さんは映画が大好きです。高校時代は名画座に通い続け年間150本も鑑賞しては
シナリオを自己流に書いてみたりしたそうです。映画監督になるか医者になるか迷った
時期もあったという鎌田さん。今も映画館やDVDで150本近い映画を観ていますが
その中から今春公開の「人生や愛を考える上で示唆に富んだ佳作映画」を紹介します。

まずはイギリス映画の『さざなみ』。長年連れ添った夫婦の関係が1通の手紙によって
揺らいでいく様子を通し、男女の結婚観や恋愛観の決定的な違いを浮かび上がらせてい
く人間ドラマです。1通の手紙、それは50年前に氷山で行方不明になった夫の元恋人
の遺体がアルプスのクレバスの中から発見されたというもの。以来、過去の恋愛の記憶
を反芻する夫と、妻は存在しない女への嫉妬心や夫への不信感を募らせてしまいます。
2本目はオランダ映画『孤独のススメ』。田舎町で単調な毎日を生きる独身の主人公。
人づきあいを避けひっそりと生活していた彼の元に、突然、言葉も過去も持たない男が
現れ、やむなく始まった奇妙な共同生活。ルールに縛られていた主人公の日常が揺らぎ
始めて、いつしか鮮やかに色づいていく物語。大切なものを気づかない人生は侘しい!
3本目は伊仏英瑞合作『グランドフィナーレ』。伊の奇才パオロ・ソレンティーノ監督
は観衆を陶酔へと誘う壮麗な映像美で「21世紀の映像の魔術師」と絶賛されています
物語です。世界的に知られる英国人音楽家の主人公が今では作曲も指揮も引退、有名人
やセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。そんな折に
英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断る主人公。その理由は亡き妻との
約束があったから...。村上さんは「家族とは?」を問う是枝裕和監督作品を紹介します

放送分を聴く
放送日:2016年4月10日

« 4月3日 第202回放送 | メインに戻る | 4月17日 第204回放送 »