文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年4月28日

4月24日 第205回放送

熊本県を中心に繰り返し発生している地震で、避難生活の長期化に伴い持病がある方や
高齢者、幼児へのリスクが高まっています。「諏訪中央病院」から医療支援のため2名
の医師が要請を受けて阿蘇市の「阿蘇医療センター」に派遣されています。現地で医療
支援中の医師に電話で聞きます。また、あさって26日は「チェルノブイリ原発事故」
から30年。今月現地を訪れた鎌田さんが「いま日本は何を学ぶべきか」を語ります。

「熊本地震」で甚大な被害が発生した現地に就き、「阿蘇医療センター」で医療支援に
あたっているのは「諏訪中央病院」院長補佐の山中克郎医師と小澤廣記医師のお二人。
今回の地震は、熊本市内と阿蘇など周辺地域を結ぶ幹線道路を分断。市内の中核病院に
通っていた多数の患者さんが医療機関を失い、孤立する患者さんも少なくありません。
車の中で生活する被災者は「エコノミークラス症候群(肺塞栓症)」が懸念されている
ので充分な水分補給、弾性ストッキングの着用、1時間に2分は歩けという助言です。
もうひとつは「チェルノブイリ原発事故」。1986年4月26日に旧ソビエト連邦下
のウクライナ共和国で発生した史上最悪の原発事故。鎌田さんが理事長の「日本チェル
ノブイリ連帯基金(JCF)」は、被害の大きい隣国のベラルーシの放射能汚染地帯に
1991年より25年間、医師団を派遣し、医薬品の支援を続けています。今回の訪問
で「いま日本が学ぶべきことは何か」を探り、「ミンスク第一病院」小児甲状腺がんの
ユーリ・ジェミチェク教授等の助言は「因果関係をハッキリさせるためにも、継続した
観察が大事。内部被ばくを測るホールボディカウンターを使って数値を公表することが
デマや風評被害の防止、不安解消にもつながる」と。隠さないで語ろう!それがいい!

放送分を聴く
放送日:2016年4月24日

« 4月17日 第204回放送 | メインに戻る | 5月1日 第206回放送 »