文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年7月11日

7月10日 第216回放送

参議院選挙の投票日。各社の事前の世論調査によると有権者が最も優先する政策課題は
医療・介護・年金の「社会保障」でした。高齢化が進み、医療保険制度と介護保険制度
は持続が危ぶまれています。岐路に立つ社会保障制度ですが「地域包括ケアシステム」
を導入して打開しようと国は動き出しました。鎌田さんの体験談と共に同制度を紹介。

「地域包括ケアシステム」は在宅医療・在宅介護を推進し介護が必要になった高齢者も
住み慣れた自宅や地域で暮らし続けられるように「医療・介護・介護予防・生活支援・
住まい」の5つのサービスを一体的に受けられる支援体制のことです。鎌田さんが43
年前に赴任した茅野市周辺では、脳卒中の高齢者が多く、嫁ぎ先で介護地獄や介護離職
に悩む女性がたくさんいました。それを改善しようと地元の人々と「地域包括ケア」を
いち早く立ち上げました。それは救急医療や高度医療があった上に、地域で健康づくり
や在宅介護、在宅看護がネットワークで広がり、本人が望めば地域で看取りも行なう。
「諏訪中央病院」と周辺で鎌田さんが「往診で体験した事例」を次々に紹介しました。
例えば、母親の介護疲れをきっかけに「グループホーム」を立ち上げ、介護士チームで
母親と4人高齢者を自宅で看て、更に「訪問介護ステーション」も造った女性のお話。
また、施設や病院は集団生活のルールがあるので自分には馴染まないと自宅での独居を
選びながら、断捨離しシンプルに自分で出来る事をして、日々正直に生きる高齢女性。
父母と義父母の4人で「介護度15以上」を看ながら東京と茅野を往復する女性の話。
■プレゼント■鎌田實著・村上信夫解説の『1%の力』(河出文庫)2人のサイン入り
5名様に進呈。住所、氏名、電話番号を明記の上、7月15日必着でご応募ください。

放送分を聴く
放送日:2016年7月10日

« 7月3日 第215回放送 | メインに戻る | 7月17日 第217回放送 »