文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年7月18日

7月17日 第217回放送

「初めて老いを意識したのは92歳の春に骨折で入院した時」という瀬戸内寂聴さんは
いま94歳で健筆を揮い、立て続けに2冊を上梓して更に講演と法話も続けています。
老化とは?恋愛とは?性とは?生きるとは?今回は臆することなく語り合うホンネ鼎談

不良を羨ましく思いながら育った優等生は、貞淑な妻に成りきれずに不貞を働きます。
夫と娘を残して恋人と出奔。タブー視された女の性を真正面から描いた作品を発表して
文壇からは疎まれながらも流行作家となり、51歳で出家した波乱に富んだ人生です。
村上さんは寂聴さんが『源氏物語』現代語訳を出した際に会い、作中で近い人物として
「六条御息所」を挙げたことに触れ、「怖い女という人もいるけど、過剰な愛を率直に
示すことが出来た女。理性を飛び越えて情念で動く。自由人」まさに寂聴さんと納得。
鎌田さんは対談番組で絵本『雪とパイナップル』を褒めてもらいながら「80歳過ぎて
泣けたこと、そして今でも感動できる自分にも感動した(笑)」ここに寂聴さんの若さ
の秘密があり「感動する心」が枯れていないから、姿も頭も若いんだと思ったという。
寂聴さんの新刊『求愛』(集英社)は、様々な背景を持つ老若男女が繰り広げる30編の
短編集。ときにエロチックに、ときに残酷で、ときに諧謔に満ちた男女の濃厚な情景が
描かれていて、人間という秘密を抱えた不思議な生き物を考えさせてくれると鎌田さん
村上さんが感動した『老いも病も受け入れよう』(新潮社)は、脊椎圧迫骨折で入院中
にガンが見つかり摘出手術。半年間寝込んでもすっかり元気に復活された寂聴さんの力
の源はどこにあるのか?泣くほどの痛みに苦しんだ闘病生活、その後のリハビリと今の
日常生活など、94歳でなお書き続けられる、若さと長寿の秘訣が明かされた闘病記。

放送分を聴く
放送日:2016年7月17日

« 7月10日 第216回放送 | メインに戻る | 7月24日 第218回放送 »