文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年7月25日

7月24日 第218回放送

日本は世界一の長寿国。2025年には「超高齢者多死時代」を迎え、推計150万人
を看取ることになります。先々週放送の「地域包括ケアシステム」を興味深く聴いたと
いうメールも多数頂戴しました。今回は2800人の患者さんを看取ってこられた医師
とともに「人生最後の日を考えることで、いのちを輝かせる」ヒントをお届けします。

『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』(アスコム)の著者で、横浜市瀬谷区の
在宅医療に特化した『めぐみ在宅クリニック』院長・小澤竹俊先生との電話鼎談です。
"今日が人生最後だと思った時にようやくわかる、自分にとって一番大切なもの。それ
こそが、健康な時にも、死を目前に控えた時にも、人生を支えてくれる・・・"という
小澤先生は23年前から看取りの現場で患者さんに接してきたホスピス医です。医大を
卒業後、山形県の医療過疎の地で救命救急センター、農村医療に従事したという経歴は
長野でスタート切った鎌田さんに通じるところがあります。94年よりホスピス病棟に
勤務し、理想の在宅医療を施すために独立してクリニックを開院して今日に至ります。
医師への道は、養護教諭だった母親の存在と、高校時代に観たマザーテレサ映画に感動
「世の中で一番、苦しんでいる人のために働きなさい!」との教えに従い医師を選択。
小澤先生は、終末期の患者さんに対して「ただ痛みをとるだけでなく、その人が尊厳を
どのように取り戻すか、一人の人間として生きてきてよかったと思えるか」にこだわり
「ディグニティセラピー」という"人生最良の日を思い出して手紙にし、本人と家族が
読めば、死が怖くなくなり、未来へ繋がっていくと思えて心は穏やかになる」という。
更に、看取り人材の育成に「一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会」を設立した。

放送分を聴く
放送日:2016年7月24日

« 7月17日 第217回放送 | メインに戻る | 7月31日 第219回放送 »