文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年8月 8日

8月7日 第220回放送

リオデジャネイロ五輪が開幕。「スポーツを通して平和的思想を尊重する」という近代
五輪は「平和の祭典」とも呼ばれます。きのう8月6日はヒロシマそして8月9日には
ナガサキに原子爆弾が投下され、多くの犠牲者が出ました。きょうは平和を考えます。

ゲストは女優の高田敏江さん。ドラマ「チャコちゃん」シリーズのお母さん役や『劇団
民芸』の舞台で活躍され現在81歳。「昭和10年生まれの戦中派」という高田さんは
31年前から毎夏、朗読劇『夏の雲は忘れない1945・ヒロシマナガサキ』をライフ
ワークとしてひたむきに公演を続けてきました。『夏の雲は忘れない』は昭和20年に
ヒロシマとナガサキに落とされた原爆によって父母を亡くした子供、子を亡くした両親
の書き残した手記、アメリカ人従軍カメラマンのジョー・オダネルの手記『トランクの
中の日本』を女優達が朗読するイベントで背景に映像と音楽と照明のシンプルな構成。
被災した父母や子供達の手記・記録は、被爆者たちの悲惨な体験だけではなく、人と人
の絆、愛情の深さを伝え明日への希望に溢れています。地方公演や中学生を対象にした
公演を続け、朗読の前後には観客との交流会を設けて、感想や意見交換をしています。
中学生は「普段の何気ない生活がいかに大切かを学んだ」と異口同音に口にするといい
朗読劇から多くの若者たちが自分のこととして考えてくれるきっかけを作っています。
また、きのう広島市長が読み上げた「平和宣言」で5月のオバマ大統領の演説の一節を
引用し「核を保有する国々は、恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を追求する勇気
を持たなければならない」と訴えました。被爆者の方々は大統領の広島訪問を歓迎する
一方、鎌田さんは「オバマ大統領の再訪を求む」という声があることも紹介しました。

放送分を聴く
放送日:2016年8月7日

« 7月31日 第219回放送 | メインに戻る | 8月14日 第221回放送 »