文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年8月22日

8月21日 第222回放送

鎌田さんと村上さん2人が揃って敬愛する永六輔さんが「七夕の日」に旅立ちました。
「想い出を語って欲しい」という聴取者からのリクエストがあり、鎌田さんも発起人に
名を連ねる『六輔永(なが)のお別れ会』が8月30日に東京・青山葬儀所で開かれる
ことも決まったので、その案内を含めて今回は『ボクたちの永六輔さん』を語ります。

「虫の知らせ」なのか?永さんが亡くなった直後に鎌田さんは永さんの自宅に電話して
家族が「なんでわかったんですか?」と驚いたエピソードを紹介。検査入院でデータが
取れたのは身長と体重だけという徹底して病院と治療が嫌いな永さんですが、鎌田さん
には胸襟を開き助言を聞き入れたので、在宅での療養に切り替えることができました。
当番組には2013年5月にゲスト出演され「人間の死には2つある」と説きました。
生き物として死んだ時と、覚えている人がいなくなった時。故にその人を忘れない限り
その人は存在している。故人の思い出を語るのも供養の1つで、遺志を受け継ぐことに
なるので、ラジオを通して大切な事を伝えていかなければならないと力説されました。
鎌田さんと村上さんはそれぞれに教えを乞うたことを思い出します。憲法99条の意味
と大切さを教えて貰った鎌田さん。「普段着で話すことの大切さと難しさ」を教わった
村上さんはうまく話そうと形に捉われていたことを省みて、判断を聞き手に委ねるラジ
オの特性を知り尽くした人から教わったことは多々。極め付きは「トキが亡くなった」
発言で、NHK局内で四面楚歌になった時にその窮地を救ってくれたのが永六輔さん。
永さんの優しさは「パーキンソン病のキーパーソン」と駄洒落まじりに持病を吐露して
全国の同病者を励まし続けた逸話などを紹介しながら、偉大な永六輔さんを偲びます。

放送分を聴く
放送日:2016年8月21日

« 8月14日 第221回放送 | メインに戻る | 8月28日 第223回放送 »