文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年8月29日

8月28日 第223回放送

人は外界の情報の8割以上を「視覚」から得ているといわれています。全盲で生まれた
子の最大の情報源は最も身近な母親です。今回は15歳の全盲シンガーソングライター
佐藤ひらりさんと母親の佐藤絵美さんを迎えて「長所を伸ばす子育て論」の座談です。

ひらりさんは「視神経低形成」により生まれた時から見えません。絵美さんはラジカセ
で童謡を聴かせたり、楽器を側に置いて愛娘が物心つく前から音楽に親しむ生活環境を
創りました。ひらりさんは音を正しく知覚・再生する絶対音感の能力を発揮し、相手が
話す言葉の音階を玩具のピアノで再現してみせました。5歳の時、保育園の電子ピアノ
に内蔵されていた美空ひばりの曲に興味を示し、1本指で弾きながらひばりそっくりに
歌って周囲を驚かせたといいます。それを機にひらりさんはピアノを習い始めました。
9歳の時に初めてのオリジナル『みらい』を作詞・作曲。東日本大震災の被災地を慰問
コンサートで訪れているうちに、私も何かできないかと思い立ち作り上げた作品です。
競輪とオートレースの補助事業「RING!RING!プロジェクト」が支援している
『ゴールド・コンサート』という障害をもつ音楽家のコンテストにひらりさんは出場。
2010年に史上最年少で「歌唱・演奏賞」と「観客賞」をダブル受賞し、翌年グラン
プリを獲得。以降、シンガーソングライターとして注目され、テレビ・ラジオを通じて
全国にその歌声は知られるようになりました。2013年にはニューヨークの「アポロ
シアター」に出演。音楽イベント「アマチュア・ナイト」に挑戦して「ウィークリー・
チャンピオン」を獲得。ひらりさんは母親と二人三脚で得意な音楽活動に勤しみながら
チャリティや福祉活動に参加して、人々に希望と感動を与える歌声を披露しています。

放送分を聴く
放送日:2016年8月28日

« 8月21日 第222回放送 | メインに戻る | 9月4日 第224回放送 »