文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年9月13日

9月11日 第225回放送

若き内科医として病院に赴任した鎌田さんは、がんの末期患者さんに「がんばろう」と
声がけし病室を出ようとしたら、落涙した患者さんは「もうこれ以上がんばれない」。
言葉は状況により相手を励ますことも傷つけることもあると気付き「がんばらない」の
原点になりました。村上さんの「うれしいことばの種まき」と共に今回は『ことば』。

たとえ医療技術が進んでも、患者さんが納得を得られなければ虚しいものになります。
患者さんと家族は医師や看護師にかけられる言葉次第で治療を受ける日々が、天国にも
地獄にもなる!とは、鎌田さんの本『言葉で治療する』(朝日新聞出版)にあります。
「医療者によって傷ついた言葉・励まされた言葉」を募集し、集まった手紙やメールを
紹介した本で医療者と患者さんとの「大切なコミュニケーション」が書かれています。
続いて、先月世界中を沸かせたリオ・オリンピック選手の「ことば」を紹介。「自分の
将来が楽しみ」と発言した体操の白井健三選手。水泳の萩野公介選手は「自分はひとり
じゃないと強く思った。いろんな人に支えられて取れた金メダル」と語り、女子水泳の
星奈津美選手は「母に感謝」、バドミントン奥原希望選手は「競技できる幸せを感じ」
五輪史上初の「難民選手団の一員」として柔道に出場したコンゴ出身のミセンガ選手は
「難民だからといって夢をあきらめない。やりたいことは何でもできる、勝つことも」
村上さんが唱える「ひらがな」の魅力。やわらかい心を持った生き方を目指す詩として
書かれた『ひらがなの生き方』が合唱曲となり今回CDブックとして発売されました。
■プレゼント■村上信夫サイン入りの朗読・合唱・楽譜入りCD『ひらがなの生き方』
5名様に進呈。住所、氏名、電話番号を明記の上、9月16日必着でご応募ください。

放送分を聴く
放送日:2016年9月11日

« 9月4日 第224回放送 | メインに戻る | 9月18日 第226回放送 »