文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年9月26日

9月25日 第227回放送

古今の偉人超人怪人奇人の中から鎌田さん村上さんが思い出したように2人で語り合う
不連続シリーズ『ボクたちの好きな日本人』。今回は浄土真宗の宗祖である親鸞のほか
女優の沢村貞子さん、『暮しの手帖』初代編集長の花森安治さんなどを取り上げます。

親鸞は平安末期から鎌倉前期の僧侶。浄土宗の法然の門に入りますが当時の幕府の弾圧
に遭い、越後に流罪となります。赦免後、越後や関東各地で布教に当たり、後に帰洛し
師・法然の思想をさらに深めて「絶対他力」説等を唱えて仏教界に影響を与えた人物。
その親鸞の生涯を伝える『親鸞聖人伝絵』という絵巻物があり、この伝絵を紹介しつつ
親鸞の生涯を辿るDVDを制作するにあたり村上さんがナレーションを担当しました。
伝絵(でんね)和尚(かしょう)教化(きょうけ)等独特な読み方や固有名詞も難しく
戸惑いながらのナレーション録音を続けていると摩訶不思議な事に、親鸞が向こうから
近付いてくださる感覚になったといいます。親鸞の想い、親鸞への想いが自分が音声化
することばとともに、理解出来ていったように感じ、それが信心ということなのかと。
続いて『歎異抄』の鎌田流意訳で「親鸞は他力を頼まず自力で何とかしようとする考え
方は、阿弥陀の心に沿っていないという。それは阿弥陀仏を信心する心が欠けているか
らである。自力を捨て、阿弥陀仏という大きな力にすがる人だけが、往生を遂げること
ができる」と説く。鎌田提唱の「がんばらない」こそ「他力の生き方」ではないかと。
「他力」はがんばっても自分ではどうにもならないことがあるのを知ること!なのだ。
隣国とも「大事におしなさいよ!ええ、おたくも!」の長屋感覚を望んだ沢村貞子さん
戦争を憂いた花森安治さんも「当たり前の暮らしを守るため」に、生涯健筆を揮った。

放送分を聴く
放送日:2016年9月25日

« 9月18日 第226回放送 | メインに戻る | 10月2日 第228回放送 »