文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年10月10日

10月9日 第229回放送

シュウカツといえば学生の就職活動でしたが、昨今は死ぬ前の身辺整理の「終活」です
団塊世代の700万人が「人生の終い方」や「身じまい」を考えるようになり、社会に
根付いている大きなテーマです。そこで今回は「人生の終い方への備え」を考えます。

葬式の負担を案ずる高齢者も増え、葬式仏教に違和感を覚える人もいて葬式に対する考
え方も変わって来ています。松本市の「神宮寺」住職・高橋卓志さんが電話で参加して
「老病死」と寺の関わりを語ります。百人百様の葬式があっていいはずなのに、定番化
している葬式に一石を投じている高橋住職。94歳の理髪店の店主が亡くなった時には
故人愛用の古い理容椅子を寺に運び込んで、その椅子に座って引導を渡して読経したら
参列者も感動に浸りました。故人は亡くなるまでの年月を精一杯生きた。そのことへの
敬意を限られた時間で表し、心にきちんとしまい込む場が葬式です。故人や遺族の意に
沿った葬式を行なうために、高橋住職は葬式の事前相談を積極的に受け、距離を縮めて
いるから出来ることなのです。一般に病院で亡くなるとまず葬儀社、それから寺の順で
連絡が入りますが、生前からコミュニケーションが取れているので真っ先に寺に連絡が
あり、夜中でも搬送車を受け入れ、そこから葬式の準備を夜通しして本番に備えます。
神宮寺は24時間山門が開いている「皆の宗 臨機応変派」(当寺は臨済宗妙心寺派)
また、地域の寺はネットワークが機能すれば「人材バンク」になるとNPO法人を立ち
上げて、神宮寺のある浅間温泉で廃業した旅館を借り受けて、デイサービス・訪問介護
ステーションなど高齢者や障害者を対象とした在宅サービス・施設サービスを提供して
います。「寺は死んで付き合うのではなく生きているうちから」という高橋住職です。

放送分を聴く
放送日:2016年10月9日

« 10月2日 第228回放送 | メインに戻る | 10月16日 第230回放送 »