文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年10月31日

10月30日 第232回放送

最近「健康格差」という言葉を耳にします。所得や住んでいる地域などによって病気の
リスクや、寿命に格差が生じるのが「健康格差」です。このまま放置すると社会全体の
活力が失われますが、食生活を見直して、生活習慣病の予防に努めれば改善可能です。
医師で作家の鎌田さんが満を持して放つ「簡単にできる健康料理と心得」の紹介です。

『Dr.鎌田實のカンタンおいしい!長寿ごはん』は、料理写真とレシピが満載の本で
東日本大震災を経て南相馬市の仮設住宅を巡って「健康教室」を開いている鎌田さんと
「絆診療所」管理栄養士の鶴島綾子さんが考案した「健康ごはん」を基にしています。
食生活の大切さを伝えて行動変容を促すのは鎌田さんの40余年の取組です。地域医療
に携わりながら保険指導員と共に「食生活改善の草の根運動」を進め、脳卒中の死亡率
が全国ワースト1位だった長野県を日本一の長寿県へ導いた実績があります。平均寿命
のみならず、介護なしに自立し生活できる健康寿命も長野県は男女共に全国1位です。
このムック本では「健康寿命」を延ばす料理の中から、仮設住宅でも、独り暮しの男性
でも手軽に作れる料理を紹介しています。例えば『イワシ缶の簡単ちらしずし』は材料
にイワシ缶と市販のガリ(ショウガの甘酢漬け)を使っておいしく手抜き出来る一品。
ご飯に刻んだガリを混ぜるだけで寿司飯になり、汁気をとったイワシと、キュウリの塩
揉み、大葉の千切りを混ぜれば完成。好みでレモン汁をかけると一層おいしさが増す。
『サバ缶と野菜のレンジ蒸し』は、キャベツ・トマト・チンゲン菜などをざく切りにし
皿に盛って、その上にサバの味噌煮缶とピザ用のチーズを乗せ、レンジでチンして完成
など、簡単で誰でもできる料理を多数紹介し、巻末では健康アドバイスを伝授します。

放送分を聴く
放送日:2016年10月30日

« 10月23日 第231回放送 | メインに戻る | 11月20日 第233回放送 »