文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年1月 9日

1月8日 第240回放送

世界の潮流は保護主義・排他主義へと「内向き姿勢」を強める状況にあります。持つ者
と持たざる者が選別され、弱者が浮上する機会は更に厳しくなります。内向きにならず
開かれた世界であって欲しい!もっと人にやさしい社会になって欲しい!という願いを
込め、今年2回目の放送は『人や社会にやさしい会社/やさしい組織』を紹介します。

『鎌倉投信株式会社』社長の鎌田恭幸さんが電話で登場。「金融を通して社会に希望と
勇気を与える力になることが天命だと思い、あたたかな投資のあり方を目指して全力を
傾注する」と社会貢献に並々ならぬ強い志をもっている恭幸さん。「鎌倉投信」の商品
『結い2101』は、短期的な株価の値動きで利ザヤを稼ぐ投機とは一線を画すもので
100年先を見据えて子や孫のために残っていて欲しい会社、これからの社会に本当に
必要とされる会社、ファンとして応援したくなるようないい会社に投資する投資信託。
「いい会社」の一例として挙げたのは、食品トレー容器を製造している『エフピコ』で
安全・安心・環境に配慮した製品開発と、障がい者を16.3%雇用し、さらに取引先
のスーパーなどでも、障がい者の雇用を後押し。障がい者をしっかり雇うことで地域で
の評価が上がり、お客さんの数が増え利益も上がっているという共存共栄の関係です。
更に情報・通信業の『サイボウズ』。ITベンチャーとして創業したが、社員は激務に
耐えかねて離職者続出。そこで、社内の働き方改革を推進し、社長自ら育児休暇を3度
取得するなど、自由に働けることで離職率も激減し人気が急上昇。生産効率もアップし
利益も増した。社員を大事にする会社に一大転換したことで新しい投資家を獲得した。
最後にドクター鎌田が幸せな街づくりの為に創設した『地域包括ケア研究所』を紹介。

放送分を聴く
放送日:2017年1月8日

« 1月1日 第239回放送 | メインに戻る | 1月15日 第241回放送 »