文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年1月16日

1月15日 第241回放送

この冬一番の寒波に見舞われた今週末の日本列島ですが、ヨーロッパは更に強烈な寒波
に襲われ、温暖なエーゲ海の島々でも雪が降り、内陸部にある難民キャンプでの越冬は
非常に厳しい状況下にあるという聴診器でテロと戦う鎌田さんの「イラク報告」です。

昨年末、イラクの病気の子どもたちと、戦火から逃れて来た避難民の医療支援のために
イラク北部にあるいくつかの病院と難民キャンプを訪れた鎌田さん。その拠点になった
アルビルはイラク第2の都市モスルから80キロ離れ、クルド人自治区にあるため治安
は比較的安定している街。そして代表を務める「JIM-NET」と「日本チェルノブ
イリ連帯基金・JCF」の現地事務所があります。モスルは2014年に過激派組織の
イスラム国(IS)によって制圧され支配下に置かれましたが、奪還するためにイラク
政府軍と有志連合等によるIS掃討作戦が3か月続きISを追い詰めている現状です。
そのモスルの戦火を逃れアルビルや近隣の難民キャンプに避難民が押し寄せています。
昨年10月に開設したばかりの「ハーゼルキャンプ」には、8000張のテントに3万
5000人が住み、モスルからの救急車が頻繁に到着するものの、重症者はアルビルの
病院に搬送。キャンプ内の診療所やアルビルの病院では急増する患者にベッドも薬も不
足して、白血病の子どもたちがベンチで過ごしている状況に愕然とした鎌田さんです。
弟をISに殺害された元警察官の男性の怒りや、夫と愛息3人を一度に亡くした未亡人
の悲しみなど悲劇的なリポートの間に、ヤジディー教徒でモスル医科大学に通っていた
女子学生が日本の支援で別の医大に移り卒業。将来は小児科医になる約束をしたとか。
◆愛のある「チョコ募金」の詳細はJIM-NETのホームページでご確認ください。

放送分を聴く
放送日:2017年1月15日

« 1月8日 第240回放送 | メインに戻る | 1月22日 第242回放送 »