文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年1月23日

1月22日 第242回放送

40年前にアナウンサーになり「ことばの持つチカラ」を日々実感している村上さんと
「いい言葉との出会いが人生観まで変えてくれた」という鎌田さん。遊行(ゆぎょう)
という言葉を知り生きるのが楽になったといいます。『遊行を生きる』がテーマです。

「遊行」とは古代インドの考え方に由来し、人生の段階を4つに区分する考え方です。
「学生期」「家住期」「林住期」そして最期が「遊行期」とされていますが、鎌田さん
の考えでは「人生の問題」から解放されて、自分に正直に、肩の力を抜いて、しがらみ
から離れて生きていく大切な時期だと捉え「この時期こそ好きに生きていい」という。
周囲からは「自由に生きている」と羨ましがられている鎌田さんですが、自分では常に
「本当に納得できる人生を送っているのか?」自問自答を繰り返していたといいます。
自分を変える124の言葉で綴る『遊行を生きる』を書き、悩みから脱したそうです。
「遊行」の言葉で村上さんが思い出したのは、平安時代末期の古典『梁塵秘抄』の話。
「遊びをせんとや生まれけむ戯(たわぬ)れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声きけば
我が身さえこそ動(ゆる)がるれ」。意訳すると「子どもが遊ぶときは、時の経つのも
忘れて、夢中になる。子どもが遊ぶみたいに、夢中で生きたい」という意の歌と解釈。
もうひとつ。1997年の将棋名人戦で、谷川浩司さんが羽生善治名人を破り復位して
記念扇子に揮毫した「名人危所遊」。元は松尾芭蕉のことばで名人と言われる人間ほど
冒険心を忘れず頂上を極めても、胡坐をかかず、危うき所で切磋琢磨する覚悟が必要。
■プレゼント■鎌田實さんのサイン入り『遊行を生きる』(清流出版)を5名に進呈。
ご希望の方は、住所、氏名、電話番号を明記の上、1月27日消印有効といたします。

放送分を聴く
放送日:2017年1月22日

« 1月15日 第241回放送 | メインに戻る | 1月29日 第243回放送 »