文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年1月30日

1月29日 第243回放送

いま全国の自治体で頭をかかえている空き家問題。その数は実に820万戸ともいわれ
田舎だけでなく都市部の郊外でも多く存在しています。人口減少や高齢化などの課題が
ある地域に新たな人材を受け入れ、地域活動を通して活性化を図っていくという使命を
おびた「地域おこし協力隊」の女性が「空き家の活用」をしている兵庫県丹波市の話。

京都に隣接する丹波市は、村上さんの父親の故郷で定期的に訪れています。歴史もあり
風光明媚、丹波の霧がもたらす丹波栗、丹波大納言小豆、丹波山芋などは絶品という。
全国的に誇れるものもある街ながら、他の山間部同様に少子高齢化が進み、空き家問題
が発生。丹波市内にある空き家を利活用することで、移住・定住を促し、丹波と都市部
さらに海外を繋ぐような事業にチャレンジしている中川ミミさんが電話で登場します。
日本人の父とエチオピア人の母の間にエチオピアのアジスアベバで生まれたミミさんは
生後間もなく父の仕事場がある丹波市に移住して帰化しました。幼児期から両親と共に
世界各地を訪問したミミさんが強烈な印象を受けた8歳の時のある出来事。それは同じ
年頃の物乞い少女との遭遇。その原体験が国際的な仕事をすることにつながりました。
アメリカの大学に留学し、文化人類学と社会学を専攻。国際協力のNGOでキャリアを
磨きます。「住まい」を切り口に地域活性化や貧困撲滅などを目指して活動してきたが
家は人の人生を大きく左右するものであり、国の内外問わず大切で普遍的なものと自覚
「住まいるバンク」の名で空き家の持ち主と希望者との橋渡しに励んでいます。後半は
愛知県長久手市の福祉拠点で、地域包括ケアがみごとに結実している「ゴジカラ村」は
緑の森の中で幼稚園から養護老人ホームまで多世代が共感して暮らせる安心な街です。

放送分を聴く
放送日:2017年1月29日

« 1月22日 第242回放送 | メインに戻る | 2月5日 第244回放送 »