文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年2月13日

2月12日 第245回放送

世界的に政治、経済、宗教等において「新たな価値観の転換期」を迎えている今だから
こそ取り上げたい鎌田さんと村上さんのお気に入りの本を書庫から選んで紹介します。

稲盛和夫著『ごてやん~私を支えた母の教え~』(小学館)。大実業家の稲盛和夫さん
だが、幼い頃は「ごてやん」鹿児島方言で手がつけられない甘ったれで泣き虫のこと。
稲盛さんら7人兄弟を育てた母親は、強くたくましく、商才に長け、優しかったといい
母親のエピソードを綴りつつ、世の「母という存在」への賛歌と人の世の真理を説く。
ムハマド・ユヌス著『貧困のない世界を創る』(早川書房)。2006年に「ノーベル
平和賞」を受賞して、一躍有名になったバングラデシュの「グラミン銀行」の創業者。
無担保少額融資(マイクロクレジット)で、貧しい人々の自立を支援する手法を全国で
展開し、貧困軽減に大きく貢献。その手法は世界に伝播し1億人が恩恵を受けている。
坂口安吾著『堕落論』(新潮文庫/角川文庫)。「生きよ堕ちよ」とセンセーショナル
なメッセージを掲げ、敗戦直後、未曾有の国土荒廃と価値観の崩壊に直面していた邦人
に強烈な衝撃を与えた坂口安吾のエッセイ。古い価値観を捨てるために、一度徹底して
堕ちきることが必要と説く。人間だから墜ちるのであり、生きているから墜ちるのだ。
併せて、藤沢周著『安吾のことば~「正直に生き抜く」ためのヒント』 (集英社新書)
磯田道史著『徳川がつくった先進国日本』(文春文庫)。道徳感が高い日本人は徳川時
代に培われたと磯田説。江戸時代の4つのターニングポイントとは?1637年の「島
原の乱」。1707年の「宝永地震」。1783年の「天明の飢饉」。そして1806
年~7年、11代将軍家斉の時代に起きた「露寇事件」。江戸人のメンタリティ再考。

放送分を聴く
放送日:2017年2月12日

« 2月5日 第244回放送 | メインに戻る | 2月19日 第246回放送 »