文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年3月13日

3月12日 第249回放送

「東日本大震災」から6年。被災地は復興に向けて着実に歩みながらも、今なお被害の
爪痕は残り12万人以上が避難生活を強いられています。震災直後から被災地を訪れて
高齢者や子どもと接してきた鎌田さんと村上さんが、現地の再生への想いを伝えます。

宮城県女川町で津波に遭い最愛の母を亡くした阿部真奈さんは当時高校1年生。避難所
で声を掛けられ「女川さいがいFM」の高校生パーソナリティになった彼女は生活情報
を発信することで自分の存在意義を見出して6年。今春、大学を卒業し福島の放送局で
記者生活が始まります。被災状況が違う中で見聞を広めて震災後を伝えるか楽しみです
震災直後から福島・宮城・岩手の被害の大きかった地域を中心に訪れている鎌田さん。
先月も宮城県気仙沼市と岩手県大船渡市を訪問し、6年ぶりの再会に話は尽きません。
気仙沼の特別養護老人ホーム「春圃苑」は震災直後に近隣の被災者を受入れ過密状態の
中、被災したスタッフも何日も家に帰らず、介護を必要とする人たちの命を守った話。
あれから6年。施設長の阿部さんは「あの時の鎌田さんの言葉」で自信を深めたという
気仙沼港から7キロの沖合にある大島との連絡船の船長・菅原進さんとの自宅再建話や
大船渡市の特別養護老人ホーム「ひまわり」に神野美伽さんを同伴し歌を披露した話。
村上さんは岩手県陸前高田市を訪れ、国道45号線沿いに高さ12メートルのかさ上げ
工事に触れて、かさ上げして商業施設を誘致しても、客が来ない不安の声があることや
地元の医師夫婦が営む「りくカフェ」を紹介。壊れた人のつながりを再生させる場所で
日々の生活に追われ、健康管理を怠りがちな被災地の人たちを支える仕組みのカフェ。
荒涼とした光景を目の当たりにしたあとだけに「温かさが身に沁みた」と述懐します。

放送分を聴く
放送日:2017年3月12日

« 3月5日 第248回放送 | メインに戻る | 3月19日 第250回放送 »