文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年3月22日

3月19日 第250回放送

2003年3月19日(米国東部標準時)米英などが参加した有志連合がイラクに侵攻
いわゆる「イラク戦争」が始まりました。この侵攻からイラクの混乱は現在まで続いて
惨禍を逃れた病児と難民へ医療支援を15年続けている鎌田さんの「最新イラク報告」

鎌田さんは2004年から「イラク支援」を開始。イラクの4つの小児病院へ薬を送り
同国北部の都市アルビルに拠点を置くJIM-NETの現地スタッフと難民キャンプで
診察を続けています。今回診たのは脳梗塞を発症して4日目の老人が、脱水症状を起こ
し悪化が予想されるのに、入院する場所がなく出てきた村へ戻らざるをえない理不尽。
「ハーゼル難民キャンプ」で会った10歳の少年は、イスラム国(IS)の砲弾を腹部
に受け、腹部の出血を止める手術は成功したが、破片が脊髄まで飛び脊髄損傷になって
途方に暮れている車いすの少年とお母さんの姿に、とんでもない悲惨な状況が続いてい
るが、惨禍を止めてこの地になんとか希望の光を灯したいと改めて強く感じたという。
ちょっと明るい話題。お金のない避難民たちはアルビルの道端に野宿したりしているが
その人たちが泊まる場所「チャイルドケアハウス」を開設。徐々にだが改善している。
後半は、2人が最近会った印象深い人。鎌田さんが挙げたのは脚本家の橋田壽賀子さん
91歳で独居の橋田さんは認知症を恐れ、人の世話になる生活は耐えられない!と雑誌
に『私は安楽死で逝きたい』と発表。この論考を機に「安楽死をめぐる」対談をした。
村上さんは「伝わるように伝える達人」の「ジャパネットたかた」前社長の高田明さん
世阿弥を師匠とする高田さんの「我見・離見・離見の見」の解釈や、ギネスの長寿記録
に挑戦し117歳まで生きたい!と考え「夢を持って日々精進」の人生観が印象的です

放送分を聴く
放送日:2017年3月19日

« 3月12日 第249回放送 | メインに戻る | 3月26日 第251回放送 »