文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年4月17日

4月16日 第254回放送

昨年4月16日の熊本地震の本震で震度7を観測した益城町を再訪し、その後の生活を
取材してきた鎌田さんと、震災復興記念の『音魂言魂コンサート』に参加した村上さん
がそれぞれ現地で見聞し感じた「震災から1年を経った熊本」をテーマに報告します。

肥後54万石の城下町のシンボル『熊本城』も熊本地震で甚大な被害をこうむりました
熊本城を訪れる観光客に、城をはじめ熊本の魅力を語り継いでいくことこそ自分たちの
責務と考えているボランティアの観光ガイドグループ『くまもとよかとこ案内人の会』
会長の吉村徹夫さんが電話で登場。震災前は市内27か所の観光施設を案内していたが
震災後に施設内で案内出来る所は3~4か所に激減。でも復興を願って訪れる観光客は
増加し月平均4000人が去年9月には11390人と3倍になった月もあるという。
そして、震災で露出した地盤・石垣・塀・瓦など今だからこそ案内出来るところがある
そうで、石垣の崩落で剥き出しになった所から出土した観音様や、倒れた長壁の漆喰の
原料等その光景を目にすることが出来ます。また観光客は『復興城主』に協力的とか。
鎌田さんは、震災から5か月後に益城町の体育館で避難生活を送っていた方々に会って
以来の再会。自力で自宅を再興した夫婦、仮設住宅に住まわれている夫婦、コンテナハ
ウスで生活する夫婦とそれぞれに被災から1年の「心の復興」の進度など尋ねました。
村上さんは『熊本市国際交流振興事業団』の招きで、震災復興祈念の『音魂言魂コンサ
ート』に参加し、熊本ゆかりの作者の作品を紹介。熊本の人々の心に響く催事でした。
一口1万円以上の寄付で『復興城主』になる問い合わせは「熊本城公式ホームページ」
または電話番号096-352-5900「熊本城総合事務所」までお願い致します。

放送分を聴く
放送日:2017年4月16日

« 4月9日 第253回放送 | メインに戻る | 4月23日 第255回放送 »