文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年4月24日

4月23日 第255回放送

映画を観る理由は人それぞれです。出演している俳優が好きだからとか、監督のファン
だからとか、非日常を体験したいから、疲れた心を癒したいから等の理由があります。
今回のテーマは、鎌田さん村上さんが観た「生き方を問うオススメ映画の特集」です。

まずは、小森はるか監督のドキュメンタリー映画『息の跡』。岩手県陸前高田市で津波
の被害を受けて、荒涼とした場所にぽつんと一軒だけたたずむ「佐藤たね屋」が舞台。
6年前に発生した東日本大震災。津波で自宅兼店舗を流された佐藤貞一さんはその跡地
に自力でプレハブを建て営業を再開。手描きの看板、瓦礫で作った苗木のカート、手掘
りの井戸、すべて手作りのお店。その佐藤さんが英語で震災体験記を綴って自費出版。
震災報道に訪れた海外のメディアも取材にやってくるようになり、説明する原稿を用意
しようと決して得意ではない英語で書き上げているうちに、日本語では切なすぎ言葉も
他の言語なら書けたので、英語で書いたのがきっかけ。現在は中国語やスペイン語にも
翻訳して、世界に向けて交流の種をまいていますが、電話で出演し流暢な言葉を披露。
続いて6月に公開される河邑厚徳監督の『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』
笹本さんは日本初の女性報道写真家、むのさんは孤高にして伝説のジャーナリストです
敗戦の時、ジャーナリストとして戦争をとめられなかった自分の生き方を省みて新聞社
を辞めて、故郷の秋田へ戻り、週刊新聞『たいまつ』を発行し続けた「信念の人」です
むのさんは自分の意見を徹底的に語りかけ、笹本さんはカメラの被写体を通して時代や
社会へメッセージを届けるという違いはありますが、笑う達人の域に達している両人。
最後に、アカデミー3部門に輝いた『ムーンライト』について、鎌田さんが語ります。

放送分を聴く
放送日:2017年4月23日

« 4月16日 第254回放送 | メインに戻る | 4月30日 第256回放送 »