文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年5月 1日

4月30日 第256回放送

「こどもの日」を含む大型連休は「こどもの読書週間」と重なっています。今年の標語
は「小さな本の大きなせかい」。絵本が大好きな鎌田さん村上さんとゲストに日本一売
れている絵本の発行元「童心社」会長の酒井京子さんを迎え「絵本の魅力」鼎談です。

日本一売れている絵本は、622万部の松谷みよ子さん作『いない いない ばあ』。
1967年の初版から50年、248刷を重ねる超ロングセラーで、3世代4世代読み
継がれている絵本のレジェンドです。「童心社」は1957年に紙芝居の専門出版社と
して創業し、その後児童書を手掛けて今年60周年、人間でいえば還暦を迎えました。
『いない いない ばあ』が出版された翌68年に入社した酒井さんは、絵本と紙芝居
の編集制作に携わり、編集長、代表取締役社長、取締役会長を歴任。超ロングセラーが
生まれた背景には松谷みよ子さんと稲庭桂子編集長の「赤ちゃんも文学がわかるはず」
という思いと「赤ちゃんに心のミルクを」という願いを込め日本人初の赤ちゃん向けの
絵本を作りあげたという逸話や、ネコ・クマ・ネズミたちがなぜ正面を向いているのか
やさしい書体は如何に誕生したかなど貴重なエピソードを披露します。そして鎌田さん
が味のある朗読は必聴ものです。又、紙芝居の普及と研究を目的に『紙芝居文化の会』
を作家のまついのりこさんと2001年に創立した酒井さんは欧米やアジア諸国と連携
し紙芝居を世界中に根付かせる活動を続けています。紙芝居の実演を酒井さんが披露。
絵本を取り巻く環境は変わりつつあるが、良い作品を作り丁寧に売り読者を増やすこと
「子どもの幸せを願う親の気持ち」その付託に応える作品を作るに尽きると酒井さん。
鎌田さんがイソップ寓話『アリとキリギリス』をハッピーエンドにする提案で締める。

放送分を聴く
放送日:2017年4月30日

« 4月23日 第255回放送 | メインに戻る | 5月7日 第257回放送 »