文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年5月15日

5月7日 第257回放送

洋の東西を問わず格差が拡大し、社会は分断され、保護主義を声高に話す人がいます。
鎌田さんと村上さんが思い出した時に語り合う『ボクたちの好きな日本人』シリーズの
今回は、日本いや世界に向け宇宙から俯瞰したスケールで地球人に提言した3人です。

鎌田さんは、一昨年92歳で亡くなられた「伊那谷の老子」こと加島祥造さんを紹介。
長野県の伊那谷に移住してから生まれたベストセラー『求めない』(小学館)の中には
求めない―すると簡素な暮しになる。求めない―すると今十分に持っていると気づく。
更に加島さん曰く「自分の生きる楽しさを犠牲にして名誉や地位を追う者は、実は一番
取り損ねている人だ」。「求めない生き方」と「がんばらない生き方」の共通点も多く
がんばらない生き方も、いい加減な生き方も、老子の宇宙に近いと気づいた鎌田さん。
村上さんが挙げたのは一柳米来留(ひとつやなぎ・めれる)。明治末期キリスト教布教
のために来日したアメリカ人建築家のメレル・ヴォーリズが改名する前の名前。日本人
として生きることを選んだ彼は、終戦直後に昭和天皇を守るために戦った人でもある。
その辺は門井慶喜著『屋根をかける人』(KADOKAWA)に詳しく載っていますが
1905(明治38)年一人の青年が遠く海を渡り日本に来た。24歳のヴォーリズは
どんな困難に見舞われようとも日本に留まり続け、療養所・学校・教会等多数建てた。
もう一人は「祈りの詩人」こと坂村真民。1909年(明治42年)、熊本県生まれの
彼は一遍上人を敬愛し、午前零時に起床して夜明けに重信川のほとりで地球に祈りを捧
げる生活を続けた。そこから生まれた人生の真理、宇宙の真理を紡ぐ言葉は弱者に寄り
添い、癒しと勇気を与えるものでファンも多い。真民の有名な言葉「念ずれば花開く」

放送分を聴く
放送日:2017年5月7日

« 4月30日 第256回放送 | メインに戻る | 5月14日 第258回放送 »