文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年7月10日

7月9日 第266回放送

鎌田さんが作家として知られるようになった『がんばらない』(集英社)は、ラジオが
きっかけで生まれた本です。それ以前に医療従事者向けに書いた内容をNHKの番組で
話したところ大きな反響があり、多忙を理由に3度断った鎌田さんを編集担当者が粘り
口説いて世の出たのが2000年。すぐに60万部のベストセラーになりテレビドラマ
にもなって『がんばらない』は流行語にもなりました。今回はラジオから生まれた本。

文化放送の看板番組『大竹まこと ゴールデンラジオ!』は2007年5月にスタート
して10周年を迎えたことを記念し、朗読コーナー「ザ・ゴールデンヒストリー」から
16話を厳選し『人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー朗読CDブック』
(扶桑社)の題で発売しました。今回はゲストに大竹まことさんを迎え、出版の経緯と
「ラジオのチカラ」や「ラジオの持つ可能性」を語り合います。一般に知識を得るなら
書籍の方が優位ですが「紙」からは伝わらない「声や音」で伝えるラジオならでは優位
「情や熱」の伝えやすさは、ラジオに軍配があがると信じています。大竹まことさんの
肝いりコーナー「大竹発見伝~ザ・ゴールデンヒストリー」は毎日を必死で生きる市井
の人々の体験を取材して台本を作り、大竹さんの声を通し飾ることなく伝えている番組
の看板コーナーです。誰にでも運・不運の物語があり、悲憤慷慨の日々も又あります。
それぞれの想いをすくい上げて、聴取者に伝える「やさしい絵本のよう」(鎌田談)。
ラジオはテレビに比べ映像がない分だけ伝える力が弱いと思われがちですが、想像力を
掻き立てる表現ができる媒体なので、聴取者のイメージにあわせて勝手に描かれた物語
が歩きだし、見えない分だけ信頼感が出たり、特性や良さも発揮される媒体と思います。

放送分を聴く
放送日:2017年7月9日

« 7月2日 第265回放送 | メインに戻る | 7月16日 第267回放送 »