文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年7月17日

7月16日 第267回放送

団塊の世代が全て75歳以上の後期高齢者に仲間入りする2025年は、様々な問題が
指摘されています。2179万人のうち支援や介護が必要な人の割合は3割と推計され
地域包括ケアシステムが導入されました。およそ30年前から「諏訪中央病院」中心に
独自の地域包括ケアを実施してきた鎌田さんが「これからの介護と地域」を語ります。

地域に暮らす一人ひとりが、社会とつながりながら、自分らしい「わがまま」な人生を
まっとうすることとは、どういうことか?それを可能にする「地域包括ケア」の知恵を
長年地域医療に取り組んできた鎌田さんが紹介する『わがままのつながり方』を上梓。
「死にたい!」が口癖の寝たきりの患者さんの悩みを解放したケアマネ―ジャーの話や
在宅酸素療法をしている80代の末期がん患者さんの「梅を漬ける希望」が支えた日々
同書には全ての人を包み込み、ともに暮らすネットワークづくりのヒントがあります。
後半は『NPO法人あおもり若者プロジェクト・クリエイト』の活動を紹介。東北新幹
線の全線開業を控えた2009年、当時高校2年生だった現在の理事長久保田圭佑さん
が仲間を誘って立ち上げたグループ活動が始まりです。新幹線の延伸は観光客を増やし
青森県が一大観光都市となる大チャンス。ところが、県民の意識は低く対応は遅れ気味
そこで、高校生が積極的に地元商店街の方々と関わる「一人称のまちづくり」を提唱し
新たなアイディア商品も誕生。高校生の熱い想いは、後輩へと引き継がれ既に120名
が巣立ったと大学2年生の藤田涼さんは語ります。JKAはこの活動を支援しています
■プレゼント■鎌田實サイン入り『わがままのつながり方』(中央法規)を5名に進呈
ご希望の方は住所、氏名、電話番号を明記のうえ応募。7月21日消印有効とします。
なお、ご応募頂いたメール・お葉書は放送で御紹介する場合もあります。

放送分を聴く
放送日:2017年7月16日

« 7月9日 第266回放送 | メインに戻る | 7月23日 第268回放送 »