文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年7月24日

7月23日 第268回放送

親や配偶者が認知症になったら、家族はどんな思いを抱え、生活はどうに変わるのか?
あるいは、自分が認知症になったら、どのような感情を抱くのか?そうしたことを知り
たくて認知症に関する本や雑誌が売れています。特にリアルに描いた作品が参考になる
ようです。きょうのテーマは『家族が(あなたが)認知症になったらどうする』です。

今年5月に公開された映画『八重子のハミング』は、若年性アルツハイマー症になった
妻を12年介護した体験を綴った同名の本(小学館)が原作です。介護する夫も4度の
がん手術を受けながら、妻への思いが支えとなり、いずれも生還を果たす。妻は徐々に
記憶を無くしつつも、大好きな歌を口ずさめば笑顔を取り戻すこともあった。そして妻
を介護していくうちに、夫はあることに気づく。妻がゆっくり時間をかけ、自分に別れ
を言おうとしているのだと。原作者は山口県萩市の『金谷天満宮』宮司の陽信孝さん。
電話で登場した陽さんは「娘いわく、監督さんはお父さんのいい所ばかりみた」と身内
ならではの箴言を披露。でも、映画を観た鎌田さんも村上さんも、陽さんの献身的な介
護ぶりはスクリーンからも充分に伝わり、妻が息を引き取る場面の慟哭はまさに事実に
基づくもので、涙を禁じえなかったと口を揃えます。『八重子のハミング』には究極の
やさしさがあり「怒りには限界があるが、やさしさには限界がない」と陽さんの体験が
言わせたセリフも感動的。上映館は『八重子のハミング』ホームページで確認下さい。
「認知症」といえば、注文をとったり・配膳したりする担当を認知症の女性たちが担当
する『注文をまちがえる料理店』という「実験的な期間限定のレストラン」が先月都内
にプレオープンして話題になりましたが、長野県の岡谷市にある託老施設の『和が家』
がカフェを開いて、認知症の方々がユニフォームに身を包み働いている話も紹介する。

放送分を聴く
放送日:2017年7月23日

« 7月16日 第267回放送 | メインに戻る | 7月30日 第269回放送 »