文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年8月21日

8月20日 第272回放送

1945年8月15日以降生まれの所謂「戦後生まれ」が人口の8割を超えています。
いまや戦争を知らないのは若者ばかりか、体験していない高齢者も増えており、戦争の
話を聴く機会も減っています。戦後72年が経ち、戦争を知らない世代が戦争について
語り継ぐ手段としての絵本。戦争や平和やいのちの大切さを表現した絵本の紹介です。

まず『ぼくのこえがきこえますか』田島征三・作(童心社)戦争とはなにか?これ以上
の方法はない、というくらい直接的に感覚で訴えかけてくる絵本です。田島征三さんは
「ぼくは50年間、この絵本をつくるためにここまで歩いてきたんだ」という言葉通り
作者渾身の作となった絵本です。更に新潟県十日町市の廃校を利用した『鉢&田島征三
絵本と木の実の美術館』を訪れた鎌田さんが逸話を披露します。続いて紹介する絵本は
『そのこ』谷川俊太郎・詩/塚本やすし・絵(晶文社)児童労働をテーマにした作品で
遠く西アフリカのガーナでカカオを収穫している「そのこ」と日本にいる「ぼく」との
日常を描きながら、世界の子どもの7人に1人が自分の意思に反した労働を強いられる
現実を知らしめる心打つ絵本です。3冊目は『この国が好き』鎌田實・文/木内達朗・
絵(マガジンハウス)。鎌田さんが初孫のBAKU君を抱き、切々と語り続ける戦争を
しない日本国の賛歌で、日本国憲法についても言及しています。4冊目は広島の原爆が
テーマの『8月6日のこと』中川ひろたか・作/長谷川義史・絵(河出書房新社)です
作者の中川さんの伯父の死と被爆者となった母親の体験を伝えて、問いかけています。
戦争は歴史が続く限り繰り返されるおそれがあります。ただし、戦争で起こりうる悲劇
を傷つける者が傷つけられる者の辛苦まで想像できれば、悲劇は減るかもしれません。

放送分を聴く
放送日:2017年8月20日

« 8月13日 第271回放送 | メインに戻る | 8月27日 第273回放送 »