文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年9月 4日

9月3日 第274回放送

子どもの成長には、家庭で暮らす時間や経験がとても大きな役割を担っています。でも
さまざまな事情で自分の家族と暮らせない子どもたちがいます。都内の児童養護施設で
生活をしている子どもは約3000人。里親のもとで暮している子どもが約300人。
そうした子どもたちの進学をサポートする給付型の奨学金『西脇基金』を紹介します。

『西脇基金』は公認会計士だった西脇和昭さんが"児童養護施設などを出て大学などに
進学する生徒のために使ってほしい"という遺志と遺族からの寄附を受け1987年に
「東京都社会福祉協議会」に進学資金を給付する基金として創設。これまでに同基金で
支えてきた子どもたちは延べ2217人、給付額の累計は7億456万円になります。
『西脇基金を支える会』の発起人で代表の宮内眞木子さんが同基金の現状を語ります。
児童養護施設や里親のもとで暮らしている児童が、高校を卒業して上級校へ進学すると
施設を退所し新たな生活環境で自立した生活を送ることになり環境は大きく変わります
このような状況の中で『西脇基金』による支援は金銭面のみならず、向学心にあふれる
子どもたちの日々の生活と将来を支えています。西脇さんが遺した言葉"子どもたちが
学ぶ気持ちになった時がチャンスだから成績や過去の素行で差別しないで給付"に従い
運営を続けています。同基金の原資は4億5000万円ですが、昨今の利率低下により
その運用益だけでは必要な給付財源を確保できず、常時寄附金の受付を行っています。
◆『西脇基金チャリティーコンサート BIG BAND JAZZ Vol.2』を
開催します。日時:9月26日(火)18時30分開演。会場:杉並公会堂大ホール。
お問い合わせは『西脇基金を支える会』東京03-3256-3674(平日の昼間)

放送分を聴く
放送日:2017年9月3日

« 8月27日 第273回放送 | メインに戻る | 9月10日 第275回放送 »