文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年9月20日

9月17日 第276回放送

テレビの創成期から活躍し、作詞家として多数のヒット曲を放った昭和の才人・永六輔
さん。去年の7月7日の訃報は、ひとつの時代が終わったことを象徴するものでした。
一周忌を経て『父「永六輔」を看取る』を宝島社から上梓した長女の永千絵さんを迎え
「有名な永六輔ではなく、老父の永孝雄との10年間の自宅介護エピソード」を伺う。

永六輔さんに顔だちがよく似た千絵さんは「自分の父親が有名人であること」にずっと
違和感を持っていたといいます。十代の頃はほとんど父娘の会話もなかったと打ちあけ
唯一の話題が映画だったので作品評をし、父に代わり映画評を書く仕事に就いたとか。
著書のタイトルに永六輔をカギカッコで囲んだのは、千絵さんが語りたいのは有名人の
永六輔の話ではなく、父親の永孝雄について自分が確認するために書きたかったからと
いいます。社会的には尊敬され、素晴らしい仕事をしていると評価されている父親だが
家の中では、超せっかちな性格とか、大の病院嫌いとか、微笑ましい出来事も披露され
ています。『諏訪中央病院』の名誉院長であり、六輔さんの信頼を得た主治医のような
存在の鎌田さんが登場するエピソードもありますが「人間ドッグ事件」は身長と体重と
血圧だけ測って、痛いことは一切しないで帰ったというもの。また、全幅の信頼を得て
いた鎌田さんは千絵さん達から「困ったときの鎌ちゃん頼み」でSOSが発信された。
大腿骨骨折で緊急入院した永さんは「せん妄」の為に自宅と病院の区別がつかずベッド
でしゃべり続け、鎌田さんのアドバイスで一時帰宅された途端に意識を取り戻し、病院
に連れ戻し以後は頭もクリアになったとか。千絵さんが幼い頃ほとんど家にいなかった
父親とじっくり過ごすことが出来た晩年の10年は振り返ると楽しかったといいます。

放送分を聴く
放送日:2017年9月17日

« 9月10日 第275回放送 | メインに戻る | 9月24日 第277回放送 »