文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年9月25日

9月24日 第277回放送

きょう9月24日から「結核予防週間」ですが「結核は過去の病気」と思っている方も
多いと思います。ところが20年前から結核患者が増え国は『結核緊急事態宣言』を出
し注意を呼びかけました。感染者の7割は高齢者ですが、いまは有効な予防法も治療法
あり大丈夫。ただし過信は禁物です。今回は久々のドクター鎌田の「健康トーク」です

胴囲が伸びて体重も77,7キロの自己最重量を記録して運動不足を認めた村上さんに
ドクター鎌田のおすすめは、ウォーキングとスクワット。直立した状態から屈伸運動の
ように膝関節を屈曲・伸展を繰り返す運動ですが、ポイントはお尻を膝より下げない!
これにより大腿四頭筋・下腿三頭筋・大臀筋・中臀筋などの筋力アップにつながります
単純な動きでありながら、筋力をつけやすく、痩せやすい体づくりに効果があります。
ドクター鎌田は79,5キロまで増えた体重をウォーキングとスクワットで5キロ以上
体重減に成功。筋肉を動かすことで出てくるマイオカインという物質は「夢の万能薬」
ともいわれマイオカインがたくさん出るようになると体重は減り血糖値や血圧が下がる
ので一押しです。運動習慣を調べたヘルシンキ大学の研究でも「歩く」と認知症の発症
リスク軽減という結果があり、その他大腸がん予防、脳卒中、うつ病のリスク軽減も。
鎌田さんの唱えるおまじないに「えんきりさいさいいっぱいたんぱく元気な体」があり
えんきりは「塩切」で塩分を控えることで、胃がんや脳卒中や心筋梗塞が少なくなる。
さいさいは「菜菜」で、野菜をたくさんとること。いっぱいたんぱくは、粗食ではなく
良質なタンパク質をとること。これらに気を付け、元気になろうという語呂合わせです
最後に「ちょきんしろ」を付けますが貯金ではなく「貯筋」でこれが健康の王道です。

放送分を聴く
放送日:2017年9月24日

« 9月17日 第276回放送 | メインに戻る | 10月1日 第278回放送 »