文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年10月 2日

10月1日 第278回放送

東日本大震災から6年7か月。これまでに延べ150万人超のボランティアが被災地に
赴いたそうですが、医療支援で駆け付けた鎌田さんもその一人。東北の被災地には村上
さんも足を運んでいます。復興が進む陸前高田市に電話を繋ぎ現状などを紹介します。

岩手県陸前高田市の医療施設が並ぶ高台の一角に「りくカフェ」という店があります。
津波で自宅も医院も流されてしまった医師と地域の女性、まちづくりの専門家が連携し
NPO法人を設立してコミュニティカフェを運営。その代表理事で「鵜浦医院」院長の
鵜浦章先生が電話で登場。震災直後は被災した患者さんを診るのが優先課題だったので
「高田病院」に集まった支援の医師と共に診療を続けていたが「診療所のない地域から
は人が離れていく。早く診療所を再開して市民を安心させて欲しい」という要請を受け
5月に仮設の診療所を再開。鵜浦先生は震災を機に人生観が180度変わったという。
医療機関のそばにあって市民がくつろげる場としてスタートした「りくカフェ」は現在
「健康と生きがいづくりの場」としての役目を担っています。地域には多くの高齢者が
暮らしており今後益々増えることが予想されるので同カフェの「健康づくり事業」では
「健康ランチ」と「スマートクラブ」を2つの柱として「健康ランチ」は栄養バランス
を考慮し、減塩、低カロリー、美味しさも考慮して心を込めた昼食を提供しています。
「スマートクラブ」は健康であり続けるための実践教室で、正しい食事と適度な運動で
良い生活習慣を作り、呼吸法や口腔ケア、百歳体操など体験してもらいながらの指導。
後半は、今夏の九州北部豪雨被害に見舞われた福岡県の朝倉市や、昨年4月に発生した
熊本地震の震源地・益城を鎌田さんが訪問し見聞きした復興の状況や市民の声を紹介。

放送分を聴く
放送日:2017年10月1日

« 9月24日 第277回放送 | メインに戻る | 10月8日 第279回放送 »