文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年10月16日

10月15日 第280回放送

「不協和音」とは音楽における協和性の低い、不安定な感じを与える和音の意味ですが
転じて人間関係などでも調和が取れていない状況をさして使われます。鎌田さん発議で
女性アイドルグループ欅坂46の『不協和音』から今回のテーマは「不協和音」です。

『不協和音』の歌詞に登場する言葉を拾い上げてみる。YESと言わない/首を縦にふ
らない/抵抗し続ける/同調しない/嫌われても正義がある/一度妥協したら死んだも
同然/みんなそろって同じ意見はおかしい/主張まげたら生きている価値ない...等々は
まるでボク自身を歌っているみたいと鎌田さん。同調圧力が強いといわれる日本で自由
に生きることを応援していると感じる歌だから気に入ったのだとも言います。それから
ノーベル賞物理学者の益川敏英さんと名古屋で対談した時のエピソードを披露します。
自らを「いちゃもんの益川」と呼ぶ益川さんは、研究者としてこの上もなく名誉な事だ
と普通は思いますが、さにあらずでノーベル賞受賞も「たいしてうれしくない」と言い
「我々は科学をやっているのであって、ノーベル賞を目標にやってきたのではない」と
平気で言うところが一風変わっています。一方、師である坂田昌一博士がノーベル賞を
逃したのは「弟子である私たちがだらしなかったからだ」と受賞の際に、先達を讃えて
単なる不協和音分子ではなく、本物に対する礼儀をきちんとわきまえている学者です。
村上さん自身の周辺で起こった「不協和音」エピソードは「ことばの種まき」講演中に
片端から異を唱え、不協和音を発し続けた婦人の話。講演からしばらくして手紙が届き
過日の無礼を詫びる内容で、精神的に不安定だったことを吐露していたという。ただし
異論を出す人、空気を読めない人の出現で不協和音を面白がれるように成ったという。

放送分を聴く
放送日:2017年10月15日

« 10月8日 第279回放送 | メインに戻る | 10月22日 第281回放送 »