文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年10月30日

10月29日 第282回放送

雨がシトシト降る、星がキラキラ瞬く、ビールをグビグビ飲む。美人を前にするとドキ
ドキしたりデレデレしたり。このオノマトペ(擬音語・擬態語)は、欧米の言語に比べ
日本語は圧倒的に多く表現が豊かだそうです。今回は『じんじん』と心に染み入る映画
の製作話と「地域を応援する話」を俳優の大地康雄さんを迎え、鼎談でお届けします。

和製ジャック・ニコルソンの異名を持ち、圧倒的な存在感を放つ俳優の大地康雄さんが
映画を通して「地域を応援」する活動をしています。映画のタイトルは『じんじん』と
『じんじん~其の二~』です。奇妙なタイトルは、脚本家が仮題でつけていたものです
が台本を読んだ関係者も「感動が脈打つようにジンジンと心に染み入った」ので決定。
映画のプロモーションで北海道で行った大地さんは、知人に誘われ旭川の北に位置する
剣淵町を訪れました。30年前から絵本で街作りをしている同町の中核が『絵本の館』
そこで、町民が子どもたちに絵本を読んで聞かせる姿に感銘し、自ら映画製作を企画。
大地さん演じる「銀三郎」は大道芸人でガマの油売り。人を笑わせることが生きがいで
子どもの様な天真爛漫さを持ち、美人に弱いバツイチの中年男を好演。剣淵町内のロケ
は『絵本の館』を中心に行われ、大地に寝そべり、煌めく星空を眺めるシーンがあるが
セリフそのままの「大地と宇宙からエネルギー」をもらえる場所。映画はこれまで4年
で1000か所30万人を動員し、劇場公開だけに頼らず、全国各地の自治体で上映。
今年出来上がった『じんじん~其のニ~』の舞台は、神奈川県秦野市の丹沢の森です。
名水と森林再生活動を紹介しつつ、自信を喪失した若者に絵本でメッセージを贈ります
◆お知らせ◆来週11月5日と翌週の12日はスポーツ中継のために番組は休止です。

放送分を聴く
放送日:2017年10月29日

« 10月22日 第281回放送 | メインに戻る | 11月19日 第283回放送 »