文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2017年11月27日

11月26日 第284回放送

冬の貴婦人と呼ばれるクリスマスローズ。花屋を営む末期がん男性はアリガトウを遺し
諏訪中央病院にたくさん咲かせて逝きました。長崎県南島原市の「ことばの魔術師」は
発達がゆっくりしているダイキ君。成人になっても3歳のピュアな心を持ち、寝る前に
手と足をさすりながら「きょう一日動いてくれてアリガトウ」とお礼を言っています。
今回は鎌田さん村上さんが見聞した「ありがとう・アリガトウ・有難う」を紹介します

「ありがとう」が長生きの秘訣になると言って習慣化している94歳の鮫島純子さん。
明治時代の慈善実業家・渋沢栄一の孫として生まれ、祖父譲りの人の喜ぶ顔を見るのが
楽しみな鮫島さんは講演依頼があると全国各地どこへも1人で出かけて行く活発な人。
鮫島さんは、どんなマイナスなこともプラスに転じる考え方の持ち主。自宅で階段から
滑り落ちて足を骨折したときも「頭を打たなくて、ありがとう」と咄嗟にことばが出た
それは感謝の練習の賜物といい「ありがとう」と書いた紙をキッチン、リビング、トイ
レなど家中に貼り巡らした。そうしないと言い忘れるからだ。紙を見るたびに口に出し
て言い「ありがとう」を習慣化したら「ありがとう」を口にする度に心穏やかになる。
小児科の崩壊を救ったママたちの「ありがとう」は、兵庫県の「県立柏原病院」の話。
ママたちのコンビニ受診で疲弊し、7人いた小児科医はついに2人に減ってしまった。
地元新聞で「小児科医の窮状」を知ったママたちは、一転「小児科を守る会」を立ち上
げて、小児科の先生に「ありがとう」を示すようにしたら医師も戻って来たという話。
その他に、町田在住のリスナー和江さんは人生初めての入院をし、医師、看護師、食事
を作ってくれたスタッフ、お掃除チームの人等々皆に「ありがとう」と感謝を込めた。

放送分を聴く
放送日:2017年11月26日

« 11月19日 第283回放送 | メインに戻る | 12月3日 第285回放送 »