文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年2月 5日

2月4日 第294回放送

立春です。雪と氷の研究で知られる中谷宇吉郎博士は名言"雪は天からの手紙である"
を遺していますが、もうひとつ「立春の卵」という随筆があります。戦後間もない新聞
に「立春に卵が立った」という記事が載り話題になると、これを受けて実験し中谷博士
は「立春以外の日にも卵は立つ!」卵が立つのは奇蹟でもなんでもないことを証明して
みせました。要は、卵の底の部分の中心を探していけば必ず立つのです。コロンブスの
ようにする必要もなく「卵は立つ!」ので、人間の長年にわたる常識が覆されました。

鎌田さんも巷間広まっている常識を覆す『だまされない』をKADOKAWAから出版
しました。例えば、低コレステロールの食事に意味はない。日本のがん検診のいくつか
は世界では認められていない。洋食よりも和食の方が病気になるリスクが少ないと思う
のは実は違う...等々。バナナやリンゴのダイエット法がもてはやされ、1日1食飢餓療
法も流行りましたが我慢を強いる健康法はいかがなものかと提唱。それよりもお勧めは
「貯金よりも貯筋」です。糖質制限すれば痩せられますが、極端にすると筋肉中のタン
パク質がエネルギーとして使われるために、筋肉が減少します。筋肉が減ると脂肪が燃
焼しにくい身体になってメタボになり、更には肉体的虚弱な状態に陥ってしまいます。
先進国の中でも日本は「医師におまかせ医療」と言われるほどヘルスリテラシーが低い
というデータがあります。普段から健康や終末について家族と話しあうのが肝要です。
■プレゼント■鎌田實著『だまされない』(KADOKAWA)5名様に進呈します。
住所、氏名、電話番号を明記の上2月9日必着で応募してください。メール、ハガキの
コメントは番組で紹介する場合もありますのでご了承ください。お便りお待ちします。

放送分を聴く
放送日:2018年2月4日

« 1月28日 第293回放送 | メインに戻る | 2月11日 第295回放送 »