文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年2月12日

2月11日 第295回放送

今年6月に古希を迎える鎌田さんは朝スキーを復活。毎朝3キロのコースを5本滑って
体力と運動能力の低下を防いでいます。今回ゲストに迎えた水中写真家の中村征夫さん
も72歳を感じさせないタフガイぶりで活躍中。一番若い村上さんが後塵を拝すること
になり、お腹をへこます仕草で和やかな鼎談。テーマは『極限に挑んだ中村征夫さん』

北極や南極に近い地方で、一日中太陽が沈まない現象を「白夜」といいますが、反対に
一日中太陽が出ない日を「極夜」といいます。1977年に中村さんが初めて新聞社の
依頼でドキュメンタリー写真を撮ったのが「地球最北の村」グリーンランド北西のシオ
ラパルク。この村は北極点まで1300キロの位置にあり、植村直己さんなど北極点を
目指す冒険家が拠点にした村です。冬の4か月間は太陽が昇らない「漆黒の闇の世界」
加えて、氷点下40度という極寒の世界。瞼がカメラから離れなくなったこともある。
そうした過酷な体験をしながら撮った40年前のフィルムは劣化してプリント出来ない
状態だったが、デジタル技術の進歩で修復可能となり、写真集『極夜』を出しました。
表紙の女の子は当時6歳と4歳の姉妹。上着はトナカイ、ズボンはシロクマ、靴はアザ
ラシ、中はキツネ。まさに命と共存する人々。鞭一本で犬ぞりを操り獲物を捕まえる。
渡り鳥のアッパリアスを発酵させた「キビア」という珍味の食感など笑いと共に紹介。
また、世界中の海を撮り続けて半世紀以上の中村さんが72歳で挑戦した深海の世界。
海洋研究開発機構が、世界に誇る有人潜水調査船『しんかい6500』に搭乗して撮影
した静岡県の駿河湾の深海の世界を紹介。牡丹雪のように降り注ぐ「マリンスノー」は
プランクトンの死骸など。ホラアナゴや太腿サイズのナマコとの遭遇などを語ります。

放送分を聴く
放送日:2018年2月11日

« 2月4日 第294回放送 | メインに戻る | 2月18日 第296回放送 »