文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年4月 9日

4月8日 第303回放送

2016年4月に発生した「熊本地震」からまもなく2年。数ある復興支援活動の中で
も音楽を通じた活動は「阪神淡路大震災」を機に盛んになり、路上ライブから本格的な
ホール演奏会まで多種多様です。今回は「音楽で復興祈念をする熊本」を紹介します。

「熊本地震」の本震から2年となる4月16日に「熊本県立劇場コンサートホール」で
演奏会が開かれます。去年は前震から1年となる4月14日に「復興祈念コンサート」
を開きました。主催する「くまもと音楽復興支援100人委員会」共同代表の坂本一生
さんが電話で登場。坂本さんの本業は中学の理科教諭ですが音楽が好きで10年前から
熊本にプロオーケストラを作るための団体「NPO法人オーケストラ創造」の理事長を
務めています。地元熊本で大きな震災を経験し、被災者への心のケアの必要性を真っ先
に感じた坂本さんは地震発生の翌月に早速「100人委員会」を立ち上げ活動を開始。
「東日本大震災」の「復興コンサート」開催で成果を上げている組織からアドバイスを
受けながら翌5月には、演奏者を募り仮説団地の集会所などに出向いてミニコンサート
を行う「音楽の炊き出し」と称した活動を行い、聴衆が喜んだり、涙を流している姿を
見て音楽の力の強さを改めて実感。これを機により多くの方々に熊本の復興を祈念する
大規模な演奏会を開けないかと考えるようになり、無報酬で全国から集まった演奏家の
協力を得て、去年の第1弾はマーラーの「復活」を上演。今年の第2弾は「歓喜の歌」
を含む「ベートーベンの交響曲第9番」を披露します。後半は、鎌田さんとさだまさし
さんが「風に立つライオン基金」の支援金を携えて、福岡県朝倉市を訪ね九州北部豪雨
の被災地で激励イベントをした話や地元で有名な「あさくら堂」の被災者支援を報告。

放送分を聴く
放送日:2018年4月8日

« 4月1日 第302回放送 | メインに戻る | 4月15日 第304回放送 »