文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年4月23日

4月22日 第305回放送

「丸い卵も切り様で四角。物も言い様で角が立つ」という言葉があります。言い方次第
で円満に進むこともあれば、角が立つこともあります。村上さんは「ことば磨き塾」で
言葉は武器にも楽器にもなるという事例を解説し、鎌田さんは健康や医療の関連で気に
なるカタカナ言葉を挙げて解説。今回は「言葉」にまつわる話をテーマにお届けします

村上さんが「ことば磨き塾」のワークショップで実践している内容を紹介。嬉しくない
ことばは無意識、不用意に発するので「武器ことば」になり、嬉しいことばは「楽器こ
とば」になるという。「ことばの変換事例」として「ありえない!」はそんなこと考え
も思いもしなかったな。愚図!→おっとりしてるね。おっちょこちょい→楽しい人ね。
一方の鎌田さんは「気になるカタカナ言葉」を挙げ「ヘルスリテラシー」は何ですか?
健康や医療に関する情報を得て、理解して何かを決めるために情報を使う能力のこと。
テレビやネットには健康情報があふれているので、怪しい情報にはだまされないこと。
続いて「リビングウィル」とは?簡単にいうと「生前の意思」という意味で本人が生き
ていた時の尊厳死に関する意思という意味で用いられる場合が多い。老化のはじまりを
示すサインとも言われる「オーラルフレイル」。フレイルは、加齢とともに心身の活力
が低下し、生活機能が障害される「虚弱」状態のこと。オーラルは「口腔」の意味で機
能が低下し食べこぼし、むせ、滑舌の低下、噛めない食品が増える、口の乾燥等がある
■プレゼント■ワイドFMも聴ける文化放送特製の高感度ラジオ3名様に進呈します。
住所、氏名、電話番号を明記し4月27日必着で応募してください。メール、ハガキの
コメントは番組で紹介する場合もありますのでご了承ください。お便りお待ちします。

放送分を聴く
放送日:2018年4月22日

« 4月15日 第304回放送 | メインに戻る | 4月29日 第306回放送 »