文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年5月21日

5月20日 第309回放送

長野県松本市浅間温泉にある臨済宗妙心寺派の古刹「神宮寺」の住職・高橋卓志さんは
「寺の宗派は?」と尋ねられると「みなの宗、臨機応変派」と答え続けてきたユニーク
な僧侶。かつて福祉や文化の拠点として様々な役割を担ってきた寺の復権、開かれた寺
を目指して活動してきた高橋さんが古希を前に「人生のギアチェンジ」を図りました。

「神宮寺」で42年間おつとめを果たしてきた高橋さんは、寺務を後継の副住職に託し
寺を離れて再出発を決めました。抹香の香りに包まれて誕生し古刹の跡取りとして仏門
に入り何も考えずにお経をあげるだけの「眠ったような坊主」だったのが覚醒したのは
1978年山田無文老師のお供で行ったニューギニア島北西のビアク島での「日本兵慰
霊の旅」で目にした足元の遺骨と慰霊団の女性の号泣。それが転機となり人の苦しみや
悲しみに寄り添う覚悟が出来ました。91年にはチェルノブイリ原発事故被害者を支援
する「日本チェルノブイリ連帯基金」を設立。97年にタイを訪れHIV、エイズ患者
の救援や地域自立の活動も続ける組織「アクセス21」を創設して工房で作務衣作り。
東日本大震災が発生すると2日後に現地入りし支援、3か月間で2万キロを走破した。
一方「神宮寺」を拠点に文化の発信を続け「尋常浅間学校」を開校。永六輔校長、無着
成恭教頭、鎌田實用務教員ほか10年間で100回の講演にはジャーナリストや音楽家
がこぞって顔をそろえました。また、諏訪中央病院と連携していのちを支えるホスピス
ケアにも力を注ぎ、寺こそNPOの元祖としてNOPライフデザインセンターを創設し
地域ぐるみで高齢者を支えるケアタウンを運営してきた。古希を前にギアチェンジして
仏教を深めるためにタイ留学を計画、フリーの僧侶として宗派を超え仏教再考の推進。

放送分を聴く
放送日:2018年5月20日

« 5月13日 第308回放送 | メインに戻る | 5月27日 第310回放送 »