文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年7月 2日

7月1日 第315回放送

岩手・宮城・福島の人々を活写したドキュメンタリー映画『一陽来復』の尹美亜監督と
作品を振り返りながら「東北応援」を誓ってから3か月。村上さんは映画に出演した人
に会いに行き、鎌田さんは宮城と福島の高校4校で『教科書にない命の授業」を講演し
奇しくも2人そろって「6月は東北応援月間」になり、報告を兼ねた東北見聞録です。

宮城県南三陸町の『ホテル観洋』は2012年2月から「語り部バス」を運行しており
従業員が交代でその任に当たっています。従業員で『一陽来復』に登場した伊藤俊さん
が電話で出演。南三陸町では830人が亡くなり、津波で町の6割の建物が流失した。
過酷な経験をした「語り部」が淡々と切々と語り、胸に迫ります「ご自分の手を合わせ
てみてください。温かいでしょ。震災直後、遺体安置所で対面した知人の手を温めても
温かくはならなかったんです。だから温かい手を守らなきゃと思うんです」伊藤さんは
「命の大切さ、守ることの大切さ」を伝えています。バスは避難を呼びかけた女性の声
が耳に残るという「防災無線庁舎跡」や、敬老会の327人が屋上に上がり命拾いした
「高野会館跡」や、被災前日の避難訓練で屋上ではなく高台に上ることを徹底していた
戸倉小学校は全員無事というほとんど語られたことのないエピソードも披露されます。
後半は、福島県南相馬市小高区にオープンした柳美里さんの本屋『フルハウス』で鎌田
さんが行なったブックカフェ講演。大震災直後に宮城県気仙沼市と離島・大島とを結び
島民の貴重な足となった連絡船『ひまわり』が来春勇退。船を「震災遺構」にする集会
に参加して島民の想いに寄り添った話。最後は岩手県大槌町の『ベルガーディア鯨山』
の『風の電話』の佐々木夫妻が鎌田さんのサプライズ誕生会を開いた話を紹介します。

放送分を聴く
放送日:2018年7月1日

« 6月24日 第314回放送 | メインに戻る | 7月8日 第316回放送 »