文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年8月27日

8月26日 第323回放送 

平成最後の夏に最悪の豪雨被害を西日本の広範囲にもたらした「平成30年7月豪雨」
鎌田さんの住む茅野市と岡山県総社市は34年前に姉妹都市提携を結び、災害時の相互
応援協定に基づき、記録的な大雨で甚大な被害が発生している総社市に茅野市は職員を
派遣して救援物資を届けましたが、鎌田さんも個人的に総社市と倉敷市を訪ねました。

高梁川の増水で避難指示が発令された7月7日。総社市の片岡聡一市長のツイッターに
高校生から「私たちに何か出来ることはありませんか?」というメッセージ届きました
普段から高校生と交信している市長は「市役所に手伝いに来てください」と返信すると
翌朝には情報が拡散し市役所前にたくさんの高校生が集合。急遽チャーターしたバスに
乗り込み、被災者の家の泥を掻き出す作業を黙々として、荷物運びに精を出しました。
また、その後に各地から市役所に寄せられた支援物資の仕分けと配布を手伝う高校生の
目覚ましい活躍がありました。こうした一連の高校生の活躍を片岡市長が電話で紹介。
総社市は国の「災害救助法指定」を待たずに独自の判断で支援金や見舞金を決議したり
各地から寄せられた「支援物資」を市民か否かを問わずに持ち帰り自由にして、近隣市
民の被災者にも感謝されています。災害時にはこうした臨機応変の対応が望まれます。
「災害時のペット避難所開設」を制度化する動きも総社市が範を示して拡散する模様。
総社市の隣の倉敷市真備町は小田川が決壊し広範囲が水に浸かり11のうち10の医療
機関が浸水しました。地域で中心的な「まび記念病院」も浸水して使えなくなり医師会
が連携して仮設の診療所で診察。地域の薬局もほとんどが浸水し一時は薬の供給が問題
になりましたがほどなく解決。ただ豪雨災害の被害は大きくまだまだ支援は必要です。

放送分を聴く
放送日:2018年8月26日

« 8月19日 第322回放送 | メインに戻る | 9月2日 第324回放送  »