文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年10月 1日

9月30日 第328回放送 

江戸時代は「三百諸侯」といわれ、加賀前田家の100万石のような大名から1万石の
小名まで幅広く存在しました。その中から「名君」と呼ばれた藩主や親族、仕えた側近
の人物像を紹介する好評企画の「ボクたちの好きな日本人シリーズ」をお送りします。

村上さんが「名君」として名前を挙げたのは、幕末の薩摩藩主島津斉彬(なりあきら)
彼は少年の頃から英名の誉れが高く、国もとの薩摩では下級武士に至るまで藩士全員が
斉彬が藩主となる日を待ち望んだとか。彼が満を持して歴史に登場したのはペリー来航
を2年後に控えた嘉永4年のこと。そして藩政に対する意見があれば遠慮なく申し出る
ように藩士に伝え、抜擢されたのが西郷隆盛であり、記した農政に関する意見書です。
西郷はこれを機に頭角を現し、また斉彬は洋式工場群を公開して国の洋式化を促した。
鎌田さんは斉彬の異母弟・島津久光を紹介。蘭学を愛した斉彬に対して、国学に造詣が
深かった久光は、嫡男の忠義が藩主の座に就くと「国父」として薩摩藩を治めました。
随行藩士が起こした「生麦事件」を機に「薩英戦争」が勃発しますが、幕府は賠償金を
払っても薩摩藩は断固として拒否。逆に薩英公益にまで発展させた戦略家でもあります
続けて、久光の側近で若き家老として幕末動乱期の薩摩藩を運営した小松帯刀を取上げ
坂本龍馬が長崎に「亀山社中」を設立するときの後ろ楯となり、薩長同盟、薩土同盟、
討幕の密勅などでは常に薩摩藩の表の顔となり、幕末の薩摩藩の支柱として活躍したが
歴史小説では脇役扱いの人物。実は西郷や大久保利通の上司で藩を担う政治家だった。
最後に「名君」としてジョン・F・ケネディからも尊敬されたのが米沢藩主の上杉鷹山
「なせばなる なさねばならぬ なにごとも ならぬは人の なさぬなりけり」必聴!

放送分を聴く
放送日:2018年9月30日

« 9月23日 第327回放送  | メインに戻る | 10月7日 第329回放送  »