文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2018年10月15日

10月14日 第330回放送 

サリンジャー?レバノン?フェルメール?日常的な暮らしでは忘れているか、気にも留
めずに放っておく名前ですが、映画のテーマになると興味をそそられます。今秋公開の
作品の中から、鎌田さんと村上さんが心惹かれたおススメの作品を選んで紹介します。

米映画『ライ麦畑で出会ったら』は、発表から60年以上"青春小説の金字塔"として
世代を超えて愛され続けるサリンジャーの世界的なヒット作『ライ麦畑でつかまえて』
を心の支えにしている高校生の成長物語。サリンジャーは46歳で隠遁生活に入った謎
の多い作家ですが、映画の舞台は1969年、ペンシルバニア州の田舎町。学園祭で演
ずる舞台化の許可を求めて高校生の男女がサリンジャーを探す旅に出て、初恋も経験。
2本目はレバノン映画『判決、ふたつの希望』です。岐阜県ほどの広さに18の宗教が
共存する中東のレバノン共和国は、モザイク国家ですが絶妙なバランスのもとで人々は
日々暮しています。物語はキリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性
との間で起きた「小さな諍い」から「裁判沙汰」になり、やがて全国的な事件へと発展
していく様子を描いたヒューマンドラマ。住宅街で起きた些細な事で謝れ!謝らない!
の応酬。執拗に謝罪を求める男と頑なに謝罪を拒否する男。救いは傍らにいる女性達。
3本目の英米合作『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は17世紀のオラ
ンダが舞台。チューリップの球根1つが邸宅一軒分と同額で取引されていたバブル期。
原作はデボラ・モガーの小説『チューリップ熱』で彼女が「ヨハネス・フェルメールの
絵画の世界」から着想を得て書き上げた作品。繁栄を誇る当時のアムステルダムの郊外
デルフトに燃えあがる豪商の若妻と貧しい画家の不倫の炎。花に狂い、愛に狂う人々。

放送分を聴く
放送日:2018年10月14日

« 10月7日 第329回放送  | メインに戻る | 10月21日 第331回放送  »